關於部落格
  • 2741

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

destiny 育成代行 終結後

WOW RMT
。  ジョコビッチは5-2とリードした場面で、右足ふくらはぎの治療を受けていたが、彼の動きに影響は見られなかった。 「あのゲームでは激しいスライドをしてしまったんだ」とジョコビッチ。「でも調子はとてもいいよ。問題ない」。 インサイドを御覧の皆様、こんにちは。ライターひびきによる「ほぼ」隔週連載「日々気まぐレポ」、第71回目でございます。 【関連画像】 今回は10月末にコトブキヤから発売されました「S.R.G-S destiny 育成代行 エグゼクスバイン」をご紹介。こちらは、PS3ソフト『第2次スーパーロボット大戦OG』に登場するパーソナルトルーパーの1機、「PTX-DEX エグゼクスバイン」の1/144スケールプラモデルです。「S.R.G-S」シリーズで52番目のラインナップとなった本キット。『第2次OG』の後にリリースされた『OGDP』に登場する「ゲシュテルベン改」のキットよりも後発となってしまいましたが、その分のボリュームと完成度を誇るキットとなっていますよ。 WOT 育成代行 ◆凶鳥の眷属、エグゼクスバイン FF14 PS3 育成代行 毎度おなじみの機体解説コーナーです。今更ですが『第2次スーパーロボット大戦OG』のネタバレを少々含みますので、気にされる方はご注意のほどよろしくお願いします。 さて、このエグゼクスバイン。ゲーム中では、スパロボシリーズにおけるいわゆる「後継機イベント」で登場したので、なんとなーく「アッシュの強化版」くらいに思っている方って意外と多いのではないでしょうか。しかし、物語と機体の系譜を紐解くと「凶鳥の眷属」としては相応しい、紆余曲折にして波瀾万丈の経緯を垣間見ることが出来ます。 話はDC戦争よりも前、まだPT開発黎明期の頃です。「ビルトシュバイン」で得られたデータを元に高性能汎用機が3機試作されました。そう、初代「ヒュッケバイン」です。エグゼクスバインに至る物語の主役はこのうちの1機、「ヒュッケバイン009」から始まります。この「009」はDC戦争やL5戦役という地球圏の存亡を賭けた戦いで大きな戦果を残し、一旦はその役目を終えました。戦後、データ収集機「エクスバイン」として改修され裏方としてその任に就いていました。 そして、しばらく時は流れインスペクター事件(『OG2』)終結後。当時、地球外からもたらされた超技術は地球圏を防衛する兵器開発においては既になくてはならないものになっていました。しかし、如何せん未解明な部分も多く信頼性や安定性に欠けるという兵器としてはあるまじき欠陥点を抱えていたのもまた事実でした
相簿設定
標籤設定
相簿狀態